4月27日(土)18:00~20:30

 「2019年度総会」         

事前に配付します総会議案書をご持参下さい。2019年度の活動について話し合います。

 

【北区役所 7F 研修室(東西)】

 

5月12日(日)13:30~16:30

「第8回 吃音勉強会」             
前半では、『吃音・流暢性障害のある子どもの理解と支援』(小林宏明・川合紀宗編. 2013. 学苑社)   のⅢ−B「環境調整」(P106-121)とⅢ-D「吃音に対する感情や態度への対応」(P136-145)に ついて学びます。前回、吃音の言語症状(吃ること)には、環境や心理的な側面が大きく影響して いることが指摘されましたので、さらに深めていきましょう。他にも、後半で吃音に関する書籍や 論文について取り上げる予定です。

 

【青少年交流プラザ ミーティングルーム 1】

 

5月17日(金)19:00~21:00

「右脳開発&プラス思考の勧め(その1)」    
脳には左脳と右脳の2つがあります。 左脳に論理的に分析する力があるのに対して、右脳には 非言語情報(リズムやイメージ)を処理し、いろいろな想像を働かせる力があります。 この日の例会では右脳に刺激を与えることによってひらめきや創造力を増進させて、 エネルギッシュに生きるとともに、吃音に対するこだわりを少なくすることを学びます。

 

【北区役所 7F 研修室(東)】

 

5月25日(土)18:00~20:30

「セルフヘルプグループについて語ろう」         

言友会は吃音者のためのセルフヘルプグループですが、セルフヘルプグループの活動を 進める為に必要な考え方を、岩田泰夫著 「セルフヘルプグループへの招待」 を参考に学習し、 参加者で意見を交わし合いましょう。

 

【北区役所 7F 研修室(東)】

 

6月16日(日)13:00~16:30(12:30より受付)

「ぎふ吃音のつどい 2019  
●講演 「吃音相談外来を始めて思ったこと」 (講師: 愛媛県 旭川荘南愛媛病院長 岡部健一氏) ●体験発表、グループトーク、言語聴覚士による吃音個別相談  定員は50名ですので、早めにお申し込み下さい。

 

【 ハートフルスクエアーG 2階 研修室50 】

 

6月23日(日)10:00~16:30

「『からだ』 と 『ことば』 のレッスン(1回目)」            
 

【講師】  土谷 薫氏 (言語聴覚士。南山大学講師)   【内容】  言葉の発声方法を中心に行います。体のゆらしを通じて、楽に発声できる方法を体験して頂きます。  レッスンの前と後では、どの様な違いがあるのかを実感して下さい。 また、腹式呼吸を通して、   正しい声の出し方を体験して頂きます。 ひょっとして今、体に力が入っていませんか?  自分の思いを人に伝えるには、どの様にすれば良いのでしょうか?  その為に寸劇を通して実感して頂きたいと思います。  【注意事項】   運動のできる服装でお越し下さい。(女性の方はスカート不可) 9時50分までにご集合下さい。 

【北生涯学習センター 和室1・2】